地球の反対側に行ってしまった

地球の反対側に行ってしまった

私が中学生の時に付き合った彼の話です。
最初に付き合ったのは私が中学2年生の時。彼は1つ先輩。日本とブラジルのハーフでカッコよくてとても気さくで優しい人でした。2つ上の姉が彼と仲が良かったので私も喋ったことがあり、姉に仲を取り持ってもらい付き合うことに。でも半分ノリで付き合った感じで、彼も友達と遊んでばかりであまり相手にされず2週間くらいで別れました。その後もみんなで遊んだりしたけど彼が中学を卒業してからは全く連絡を取らなくなりました。それから半年以上過ぎた頃、久々に連絡が来て会うことになりました。久しぶりに会った彼は高校生になり少し大人っぽくなっていて少しドキドキしました。彼にもう1回付き合って欲しいと言われ、付き合うことになりました。彼は前は友達優先だったのに、頻繁に連絡をくれて毎日のように会ってくれて私のことを大切にしてくれました。でも当時私は中学三年生。高校受験を控えていて、どこの高校に進学するのか彼と話していると、私が進学しようとしている高校は「絶対に行って欲しくない。」と反対されました。「俺が決めた高校に行ってくれ。」と言われたりと少し強引なところが嫌だなと思っていました。そんなある日、彼に「今度俺の親と親戚にお前のことちゃんと結婚前提に付き合ってるって紹介するから。」と言われました。その時まだ付き合って2ヶ月くらいで、私はまだ中学生なのに結婚前提とか言われても重いし嫌だなと思い断ったのですが、彼は聞く耳を持ってくれず、嫌気がさして別れてしまいました。それから全く連絡を取らなくなりました。別れた事に後悔はしていないけど、あの時もう少し話し合ってみれば良かったな。なんて思っていました。なんだかんだで数年経ち、友達から彼がブラジルに帰ってしまうことを聞きました。連絡でもしてみようかなと思ったけど、あの時私から別れを切り出して別れてしまったので、なかなか連絡することができずに彼はブラジルに帰ってしまいました。付き合っていた期間は短いけれど、とても思い出に残っている彼です。もう一生会えないだろうな。
お坊さん婚活